• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

2020/03/10 22:17

ご覧いただきありがとうございます。


クラシックメンズアクセサリーブランドのロンサムです。

世の中なかなか厳しい状況ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は当アトリエで使用しているレザーの話をさせていただこうと思います。


イタリア産のヌメ革になります。
画像で確認できると思いますが、細かいシボ(皺)が特徴的なレザーです。

イタリアは革の鞣しが盛んなところで、今でも伝統的な植物タンニン鞣しを守り続けているタンナーが存在します。
ブッテーロ、ミネルバボックス、プエブロなどとてもポピュラーなレザーが数多くあります。
当アトリエでもブッテーロは一時期使用していたこともあり、その仕上がりの美しさには感心させられたものです。

ロンサムのレザーグッズは、タンナーこそ違いますが
そんなイタリアで鞣されたレザーに当アトリエで手揉み加工したレザーを使用しています。
もともとの仕上がり状態は上の画像のようにとてもスムースな仕上がりになっています。
画像はブラックですが、透明感のある仕上がりはさすがイタリアならでは。

この革を根気よく丁寧に手揉みしていきます。

きめ細かく仕上げるには、いろいろな方向から何度も揉み込みますのでなかなか骨の折れる作業になります。
もともとの鞣しが良いので、揉みの段階でも手に吸い付くような独特の感触を味わうことが出来ます。

この革は適度なハリとコシがありますので、薄く仕上げても革本来の質感が味わえる魅力的な革です。
また使用の際に付いてしまった多少のキズなどは、さらにその部分を揉み込むことで目立たなくなるといった再生力も備えています。

もし、ロンサムの商品の中に気に入ったデザインのものがありましたら
是非、一度お試しいただきたいと思っています。